グリーンズマスター 1021

TOROが日本のお客様ニーズに合う手押しグリーンズモアを本気で作ったらこうなりました。
新しいグリーンズマスター 1021はオペレータとマシンのシンクロがテーマです。業界で初めて採用された伸縮調整可能なループハンドル。オペレータの好みに合わせて簡単に高さを調整する事ができます。そして整備個所をできるだけ少なくしたモジュラーデザイン。グリーンズマスター 1021は保守整備がこれまで以上に簡単になり、大きな時間と労力、そしてトータルコストの節約を実現しています。

デジタルカタログで詳細を見る お問い合わせ

伸縮式ハンドル

小柄な人から背の高い人まで、身長にぴったり合った自然な姿勢で刈り込み作業ができます。自然な姿勢は疲労が少なく、ベストな刈り込みにつながります。ハンドル位置は 5 ヶ所から選択可能です。

ハイ・ロー・クリップ選択ノブ

外周を刈る、カラーを刈るなど、状況に応じて現場で簡単にクリップを変更することができます。刈り込み品質を一定化するためにこの機能をロックすることもできます。

脱着自在の DPA カッティングユニット

カッティングユニットの交換がわずか数分!リールは EdgeSeries™、刃数は、8 枚刃/11 枚刃/14枚刃から選択可能です。カッティングユニットの取り外しはボルトを外すだけ。整備や交換に貴重な時間を無駄にしません。

バックラップオプション

バックラップマシンやベンチツールなどを追加することなく、複数のグリーンズマスター 1021を同時にバックラップすることができます。