レーキ・オ・バック

Toroのレーキ・オ・バックは、コンパクトで小回りの良いのが自慢。大丈夫?と思うような狭い場所にも、すんなりと入り込んできれいに清掃します。とはいえ、容量 4.4 m3 の大型ホッパーは広い場所の清掃にも難なく対応。出力 16.4 kW (22 hp) のKohler Commandエンジンを使い、ホウキで掃く動作に強力なバキューム機能をプラス。吸い上げた落ち葉やゴミはインペラで砕いてコンパクトに収納します。レーキ・オ・バックは、このクラスで最も小回りの良いエンジン搭載型スイーパです。

デジタルカタログで詳細を見る お問い合わせ

例えば松葉の清掃。フレックス・チップ・リールに太刀打ちできるものはありません。柔らかなナイロン製のフィンガーブラシとスプリングとの組み合わせで、細い松葉を効率よく拾い上げ、濡れ芝のような悪条件でもきれいに仕上げます。